カラコンの裏と表はどのようにして見分ければいいの?

カラコンは一般的なコンタクトレンズと同じ作りですが、瞳にかぶさる部分に色が付いているのが特徴です。
ですから装着すると、瞳の色を自由自在に変えることが出来ます。
では、カラコンの裏表はどうやって見分けるのでしょうか。
こちらも普通のコンタクトレンズ同様、指先に乗せてきれいな湾曲が出来る方が表になります。
カラコンの場合、色がついていますのでその色の濃さ具合で裏表がわかる場合もあるそうですね。
もし、裏表間違って装着してしまった場合は目に痛みが走ると思います。
その様な時は無理に続けず、一度外して確認すると良いでしょう。
慣れてくると裏表は見ただけですぐにわかるようになりますが、慣れない内は目に入れる前に良く確認してから装着することをお勧めします。